手県はILC(International Linear Collider=国際リニアコライダー)の誘致を積極的に進めています。

ILCとは、地下100m、全長31kmから50kmの地下トンネルに建設される大規模研究施設で、

宙誕生の秘密を明かす大型線型加速器で、世界最高・最先端の電子・陽電子衝突型加速器です。岩手県の北

上山地の他、アメリカのシカゴやスイスのジュネーブ、日本の九州の脊振山地がその候補地となっており、

現時点では、日本が有力視されております。

 ILC建設に際しての条件は、人工振動がなく、活断層のない堅い安定した地盤を有することで、岩手県

の北上山地の奥州市と一関市にまたがるエリアが有力候補地となっています。ILCには世界中の多くの科

学者・研究者が集い長期間に亘って「宇宙誕生の謎」を探り解明するため、中核となる研究施設とともに周

辺地域にも様々な形での波及効果が予想されます。

 久慈市では、東北のILC実現に向けた活動に参画、国際的な研究施設や海外の多くの研究者との連携を

図り、研究のサポートをすることを進めていきたいと思います。その為には、先ずILCへの理解を深める

とともに、久慈市としての支援の在り方を検討すべく、下記の通り講演会及び勉強会を開催して参りたいと

思います。

 久慈市には日本一の白樺美林・平庭高原(岩手県立自然公園)があり、北欧やカナダのような美しい景色

が見られ、四季折々の豊かな大自然を楽しむことが出来ます。平庭高原のILCリゾートタウン(仮称)の

可能性の検討も出来ればよいと考えております。

 今回の講演会は、この平庭高原のセンターハウス平庭山荘で開催します。

日本一の白樺美林・平庭高原とILC講演会チラシ

 

1.日時  平成30年5月31日(木) 18時30分~20時30分

      (受付は18時より行います)

 

1.会場  センターハウス平庭山荘 白樺ホール

      住所 〒028-8605 岩手県久慈市山形町来内20-13-1

      電話 0194-72-2700  FAX 0194-72-2701

 

1.テーマ 「日本一の白樺美林・平庭高原とILC」

 

1.講師  佐々木淳氏(岩手県理事、科学ILC推進室長)

 

1.主催  久慈市

 

1.共催  平庭高原・白樺の一滴推進協議会

特定非営利活動法人 仕事人倶楽部

 

1.参加費 無料

参加希望者は、久慈市政策推進課(担当:山形総合支所産業建設課

(担当:谷地、桜庭 電話番号は0194-72-2111)までご連絡下さい。

 

1.内容

・開会の挨拶

・講師紹介

  「日本一の白樺美林・平庭高原とILC」講演及び質疑応答

講師 佐々木淳氏(岩手県理事、科学ILC推進室長)

・閉会の挨拶