仕事人倶楽部は、3年前、総務省地域人材ネット外部専門家招へい事業の中の一つに、「華のまち・普代村」(河

津桜のまちづくり)創出事業というプロジェクトを提案しました。

普代村の冬は強風が吹き荒れ、雪は北三陸沿岸で内陸部に比べると少ないが寒さが厳しく、春の訪れの目安となる

桜(ソメイヨシノ)の開花がゴールデンウィーク前後になることが多く、児童・生徒の卒業式や入学式の時に春を

告げる花が欲しいと望む声も大きく、春 4 月から秋 10 月頃まで花が咲き、村民の心を和ませ明るくする「華のま

ち・ふだい」構想の検討を重ねました。

具体的には、本州一の早咲きの桜で有名な静岡県河津町で咲く河津桜。この早咲きの河津桜を普代の村のあちらこ

ちらに植え、ソメイヨシノの桜よりも約1ヶ月早く咲かせ「華のまち・ふだい」にしようとのプロジェクトとなり、

3ヶ年をかけて村内に約 300 本を植樹しました。

この北限の河津桜のまちづくりは、桜の交流だけでなく普代村と河津町との交流にまで拡がり、3ヶ年に亘って絆を

結んでいます。

「華のまち・普代村」(河津桜のまちづくり)創出事業は、河津桜のみに留まらず、河津桜が咲き終わった直後に

咲く可憐な芝桜を普代浜に面した普代浜園地「キラウミ」の北側敷地内に植えることも始めました。さらには、村

の花である「ハマユリ」を将来村内の各所に咲かせようとのチャレンジも始まりました。冬の厳しく寒いイメージ

と夏の鮮やかな青の国のイメージ、そして美しく咲き誇る河津桜や芝桜、ハマユリは観光客を引き寄せる重要なア

イテムとなることを願っています。

そして、もうすぐその河津桜も開花の時期を迎えます。

2019年4月20日土曜日、普代村の河津桜開花記念事業であり、三陸防災復興プロジェクト2019普代村プレイベント

として「キラウミ音楽フェスティバル」が普代浜園地キラウミ(南側)14:00~17:30まで開催されます。

村の皆さんの演奏や、地元ゆかりのミュージシャン、そして仕事人倶楽部の会員で、仲間でもある「ドン・アルマ

ス」の二人も村から招へいがあり出演をいたします。