4月13日~14日、釜石市の宝来館に伺い、女将にお会いしてきました。女将の元気な姿にもお会いし打ち合わせをしました。また、周辺の道路整備や鵜住居駅前の施設の整備なども進んでいる様子を見ることが出来ました。着実に復興整備が進んでいる一方で、継続的に復興への取り組みをしていく必要性も強く感じました。

仕事人倶楽部は、1年前から「奇跡の女将」と呼ばれている釜石市の宝来館の女将・岩﨑昭子さんの活動を応援しております。昨年の7月1日には、中華の超人・曽明星氏がオーナーシェフを務める東京芝浦の中華の名店「明輝」で、「奇跡の女将・岩﨑昭子講演会 命 輝かせて!」が開催され、参加者は女将の大津波とその後の被災から立ち上がっていく姿に、共感と感動の渦に包まれました。

東北大震災からの復興当初は、全国から多くのボランティアが訪れたり、お客さんが利用する等皆で応援・支援をしていこうという機運が高かったようです。3月9日、NHKスペシャルで取り上げられてから、最近ではまた満室の状態が続いています。私たちは今の状態を今後も継続できるよう智恵を絞り、応援・支援に取り組んでいきたいと考えております。

■鵜住居駅周辺の整備が進み、おみやげ物や震災を伝える施設等の施設も完成しています。

■鵜住居スタジアムも完成!

■釜石自動車道から釜石市内への釜石道が完成し、花巻から釜石への交通はとても便利になりました!

■皆さん、是非釜石や三陸に足を運んでください!岩手の温かな人達が皆さんが来るのを待っています!

(真)