仕事人倶楽部が協力し、富山県南砺市井波が平成30年5月24日「日本遺産井波」に認定されてから、1年が経ちました。この間、井波日本遺産推進協議会に協力をし、井波活性化のための魅力発信推進事業を行ってきました。この度、そうした活動を紹介する冊子「井波日本遺産だより Vol.01」が完成し、井波日本遺産推進協議会から発行されました。まだ紹介されていない活動もありますが、記念すべき第1号の発行を仕事人倶楽部のホームページでもご紹介いたします。

ぜひ一度日本一の(おそらくは世界にも例がないと思われる)規模の木彫刻の町「日本遺産井波」を訪れて下さい。本年度は第8回目となる木彫刻の祭典「南砺市いなみ国際木彫刻キャンプ」が8月18日から30日まで開催されます。4年に一度開催される、このキャンプは世界の木彫刻家が集い、野外で公開制作を行います。世界の作家と井波の彫刻師の技を直に見ることができ、作家を交えた国際交流イベントも多数催されます。木彫刻のイベントとしては国内最大規模で、南砺市、富山県を代表する国際交流イベントとしても広く知られています。また、7月27日には富山県の名物ともなっている「井波太子伝観光祭 木遣り踊り町流し」が開催され、井波の中心部を木遣り踊りが町流しをします。

 

※「井波日本遺産だより Vol.01」をご覧になる方は、下のリンクにアクセスして下さい。(「★日本遺産だより最終vol.01」の文字の上にポインタをあわせて、ポインタの表示が「手」に変わりましたらクリックして下さい。)

アクセスはこちら☞ ★日本遺産だより最終vol.01