秋晴れの空が次第に暮れなずむ軽米町(かるまいまち)の雪谷川の

ほとりの軽米町防災センターの一角で「豪雨災害から20年夢灯り

in軽米」が開催された。

 1999年9月に豪雨に見舞われ川は大氾濫。甚大な被害を受けた。

以来20年、軽米町の人々は心を合わせ、力を合わせ、復旧から復

興へ、そして新生・軽米町の建設に取組んできた。

 今や軽米町は全国有数の雑穀の生産や、さるなしの産地、そして

ブロイラー、メガソーラーのまちとなり、岩手県北地域を牽引する。

 9月28日(土)17時00分より、鎮魂と希望の「豪雨災害から20年

夢灯りin軽米」が開かれた。歌手の中里亜美さんやはまおどなどが

心に響く歌声を披露した。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▼雪谷川の法面に災害から20年・2019夢灯りの文字

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▼山本町長が着席され、中里亜美さんのステージが始まる

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▼中里亜美さんのステージ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▼中里亜美さんステージでの熱唱から客席へ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▼お客様の笑顔が溢れ出す

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▼はなおとのステージが始まる

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▼はなおとのステージが始まる

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▼実行委員長の挨拶

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▼帳が降りて川に光の文字が浮き上がった